老人と温泉

ヘルパー制度は障害や高齢により、自宅で家事などが行えない状況になった時に、それを代わりに行う家庭養護婦を派遣する「家庭養護婦派遣事業」を社会福祉協議会が行ったことがきっかけです。
始めは家庭の業務が中心でしたが、徐々に食事・排泄・入浴など、「身体介護」の仕事が主になってきました。
その歴史の為か、一般的にヘルパーさんと言うと、訪問介護のイメージが強いです。
ヘルパー資格は、国家資格ではないので、ある程度の知識を習得すれば取得できるようになっており、介護を志す人に人気の職業です。
現代は高齢化社会が急速に進んでいますが、介護職の需要はどんどん高まる中、介護施設へのニーズも多様化してきています。
それに伴い、様々なニーズにも対応できるような、介護スタッフの質の向上が求められるようになってきました。
介護職での国家資格と言えば、介護福祉士です。
介護の質を上げるために、より信頼度の高い資格を求め、介護福祉士を採用する施設も多いです。
介護業界全体の質を上げるため、これからヘルパー資格が見直されようとしています。
これから、初めて介護の仕事に就く人は「介護職員初任者研修」という研修を受ける必要があります。
既に取得している人を除いて、ヘルパー制度は廃止になります。
介護職員初任者研修がヘルパー資格と同等のものになります。
ステップアップの為に、介護福祉士を目指そうとする場合は、実務者研修を受けることが必須になります。
実務者研修は痰吸引など、より高度な知識を得ることができますので、質の高いサービスを提供するために必要です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930